元気は幸せ

  • 2008.08.08 Friday
  • 19:16
夕飯を作りに帰っていた道でおじいさんが立ち止まり笑ってた。

上を見たり、振り返ったり、その場でくるくる回りながら、笑いながら・・・

何してんだろうと思いながら少しずつ近づいた。

おじいさんの目線を追ってみると、その先には大きなトンボが飛んでいた。
おじいさんの周りで遊ぶかのように、くるくる回り、上に下に飛んでいる。

すれ違いざまに「オニヤンマ、オニヤンマ」とおじいさんが
「大きなトンボですね。」とわたしも言葉を交わした。

すごく幸せそうに笑っているおじいさんだった。

そのすぐ先に同じくらいの年齢のおばあさんが買い物袋を自分の横に置き、
真っ赤な顔をして立ち尽くしている。
言葉も出ないといった具合

確かに暑い日の夕方
あのおじいさんのようにニコニコ笑いながら
「オニヤンマ」と言える元気さに
幸せを感じさせてくれた。

疲れがたまっていれば、体の具合が良くなければ
トンボくらいに立ち止まってニコニコ笑えない。

元気はしあわせの素ですね。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

ブログランキングに参戦中

よろしければ応援してください。 ポチッとクリックを!!
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキング【くつろぐ】
ブログランキング【くつろぐ】

気に入っています

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

はてしない物語 (上) (岩波少年文庫 (501))
はてしない物語 (上) (岩波少年文庫 (501)) (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ,上田 真而子,佐藤 真理子,Michael Ende
ミヒャエルエンデが好きになり、買った一冊。表紙が布張りでかっこよかった。読み始めたらとまらなくなり時間を忘れて読みふけった本。

recommend

モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 (岩波少年少女の本 37)
モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 (岩波少年少女の本 37) (JUGEMレビュー »)
ミヒャエル・エンデ
引越しのお別れのとき知人からプレゼントされました。

何も言わない女の子、でもなぜか彼女といるだけで幸せな気持ちになれる。私もそんな女性になりたいと思った。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM